サービスステーション事業(回答)

質問太郎セルフでの給油の方法を教えて(セルフサービス)
オイル博士:「次の順番に行って下さい、

  1. お支払い方法選択
  2. 油種・金額数量設定
  3. 給油キャップ開ける
  4. 給油(油種に注意)
  5. 静電気除去シートにタッチする
  6. 給油キャップ閉める
  7. 清算(つり銭お受け取り忘れにご注意下さい)

そして、給油に際して、お困りの時は遠慮なくスタッフに声をかけて下さい。」

質問太郎オイル交換やバッテリー交換は予約が必要?(セルフサービス・フルサービス共通)
オイル博士:「ご来店いただいたお客様から順番に作業を行なっていますので、ご予約いただくことはご不要です。」

質問太郎ポリ缶にガソリンを給油できますか?(セルフサービス・フルサービス共通)
オイル博士:「申し訳ございませんが、店頭で御依頼されてもお断りさせて頂いております。 ポリ缶は本来、灯油や水を入れるために作られたものです。よってガソリンは消防法令に適合した容器(金属製の容器=携行缶)に給油して下さい。
質問太郎:「何故ですか?」
オイル博士:「 ガソリンは常温でも気化する揮発性の高い危険物で、灯油よりも危険性は高いです。」

質問太郎撥水洗車のメリットは?(セルフサービス・フルサービス共通)
オイル博士:「ムラにならず程よい撥水力とつや出しの効果が得られます。」

質問太郎ディーゼルエンジンにガソリンエンジンオイルを使用してもよいですか?(セルフサービス・フルサービス共通)
オイル博士:「絶対お止め下さい。ガソリン用とディーゼル用では、オイルに対する要求特性が異なります。」

潤滑油事業(回答)

質問太郎どこまで配送可能ですか?
オイル博士:「基本的にはどの地域でも配送(直送)可能です。ご相談に応じます。」

質問太郎納期はどれくらいかかりますか?
オイル博士:「在庫がございましたら、翌日には納品可能です。緊急時の即日納品も、状況によりご相談させて頂きます。」

質問太郎油種の選定はどうすればいいですか?
オイル博士:「第一に基準になるのは、機械メーカーが推薦するオイルです。」

質問太郎管理油種を減らすことは可能でしょうか?
オイル博士:「ほとんどの場合で可能だと考えます。是非、ご相談下さい。」

質問太郎管理統一の基準は何でしょうか?
オイル博士:「油種統一を行う場合の原則は、次のとおりです。」

  1. 同じ機械、同じ用途は、同じ油で統一する。
  2. 同じ粘度グレードの油は、出来るだけ一種類とする。
  3. 粘度グレードを間引いて、出来るだけグレードの数を少なくする。
  4. 消費量の極めて少ない油種は、出来るだけ他の油に統合する。
  5. 現場毎に油種を出来るだけ少なくする。

※尚、高級潤滑油を使用すれば、たくさんの用途を極めて少ない油種にしぼることが出来ます。

質問太郎潤滑油の粘度とは?
オイル博士:「潤滑油には、うすい(低粘度)ものも、こい(高粘度)ものがあります。詳しくは次の表に記載しています。」

  長所短所特徴
低粘度抵抗が小さい油膜が切れ易い速く回る機械に有効
高粘度大きな力でも油膜が切れにくい抵抗が大きい強い力のかかる機械に有効

質問太郎グリース潤滑の長所・短所は?
オイル博士:「長所・短所は次の表に記載しています。」

長所付着性が強いので、流れ出したり飛び散ったりしない。
ゴミや水分の侵入を防ぐ。 広い範囲の運転条件で使用できる。
短所冷却作用がない。攪拌抵抗が大きい。(その為、発熱が大きい)異物が入ると、
ろ過するのが難しい。

質問太郎ちょう度番号とは?
オイル博士:「グリースを選ぶ目安となるものです。番号(番手)が大きくなるほど、硬いグリースとなります。ちょう度は、数字が大きくなる程、やわらかいグリースとなります。」

質問太郎潤滑油の性状管理について教えて下さい
オイル博士:「オイルが汚染したり、劣化すると、次の表のように性状が変化します。」

<潤滑油の汚染・劣化による性状変化>

項目変化原因
比重増加又は低下異種油の混入 潤滑油の劣化
引火点低下異種油の混入 熱による分解
色相濃くなる 不透明になる潤滑油の劣化 スラッジの生成水分の混入
粘度増加又は低下異種油の混入 潤滑油の劣化高粘度指数油の場合は、添加剤のせん断による粘度低下
全酸価増加又は低下潤滑油の劣化 添加剤の消耗 変質
水分離性分離時間が長くなる潤滑油の劣化 異種油の混入
消泡性泡立ちの増大消泡時間が長くなる添加剤の消耗 潤滑油の劣化

質問太郎油再生は行っていますか?
オイル博士:「油再生業務としては浄油器による対応をしております。他に、油の寿命を延長出来る油剤や機器のご提案をさせて頂きますので、ご相談下さい。」